バイナリーオプションとFXの違い

バイナリーオプションとFXの違いについて解説します。

バイナリーオプション、FXともに為替レートを見て取引する点は共通しています。
それではどんな部分に違いがあるのかを、見ていきましょう。

BOとFXはリスクと取引時間が違う

FXは買い注文をしてから売り戻すこと、もしくは売り注文をしてから買い戻すことで、損益が発生します。

このとき、自分である程度のラインを決めなければ、利益、損失はいくらなのかは決済するまで分かりません。

それに比べ、バイナリーオプションは購入した時点で、いくらが利益でいくらが損失なのかがはっきりしているので、リスクは購入した金額に限定されています。

FXは、自分の意思で決済せずに保有し続けることができます。

相場が自分の予想に反して思わぬ方向に向かったとき、再びレートは元の水準に戻るだろうと予想して、大きな損失をした経験のある方もいるのではないでしょうか?

逆にバイナリーオプションは、判定時刻があることで取引時間は購入した時点で決まっています。ほぼ数10分間から1日で取引が完結するので、損切りがなかなかできない方はバイナリーオプションのほうが向いているのかも知れません。

BOとFXの使い分け

為替相場が大きく動いているとき、FXは大きく利益を上げられる可能性がある半面、大きく損失をしてしまう可能性もあります。

バイナリーオプションはリスクが限定されていることで、FXよりも損失リスクが少ない分、大きく利益を得る可能性も低くなりがちです。

これはバイナリーオプションのデメリットでもありますが、実はメリットでもあります。

FXはレートが何円動くかで利益を得るのに対し、バイナリーオプションは単純にレートが「上がる」か「下がる」で利益を得るので、例えば値動きが少ない時間帯に取引して、わずか0.1銭しか動かなくても利益に結び付けることができます。

そのような取引ルールの違いがあるので、値動きがある時はFXで、値動きがあまりない時はバイナリーオプションをする、といった状況に応じて使い分けをすることもできますね。

BOをFXのリスクヘッジにする

FXでは経済指標発表のタイミングを狙って取引をするトレーダーが多くいます。

為替レートの変動が激しいときに取引することは、ハイリスク・ハイリターンになりがちです。

そんなとき、バイナリーオプションのレンジで、FXの注文と反対方向に高ペイアウト率のチケットを購入しておくと、FXで損失したとしてもバイナリーオプションで相殺でき、リスクヘッジとして活用すると言った戦略もあります。

おすすめのバイナリーオプション

 トレイダーズ証券「みんなのバイナリー」

みんなのバイナリーは、1lotあたり50円〜990円から購入が可能!
みんなのバイナリー
最低購入金額 50〜990円
ペイアウト 1口/1,000円
初回入金額 設定なし
取引手数料 無料
タイプ レンジ
モバイル対応 iPhone、Android、iPad

みんなのバイナリーは、1lotあたり50円〜990円で購入できます!まずはお試し感覚で始めてみたい、という方にオススメ!スマートフォン等にも対応しているので、外出時でもチャンスを逃がすことなく売買ができます。
取引システムも分かりやすく、6つの目標レートからチケットを購入するだけのシンプルなプラットフォームが魅力!

無料の口座開設をする トップページへ