テクニカルチャート分析|ストキャスティクス

ストキャスティクスの見方と使い方を解説します。

ストキャスティクスは買われすぎ、売られすぎを判断する、オシレーター系の代表的なテクニカル指標です。

バイナリーオプションチャート・ストキャスティクス

※GMOクリック証券のiPhoneアプリ、「外為OP」の画像を使用。

【見方】

  • 短期(中期)線の%Dに対して、%Dを平均化したのがSlow%Dとなっています。
  • %Dが70%以上で買われすぎ、30%以下で売られすぎと判断できる。

【買いサインの目安】

  • %DがSlow%Dを下から上抜いたとき。

【売りサインの目安】

  • %DがSlow%Dを上から下抜いたとき。

【ポイント】

  • 80%以上で買われすぎ、20%以下で売られすぎと判断した方が確実性が高い。
  • ボリンジャーバンドとの組み合わせがおすすめ。
  • RSI同様、レンジ相場には効果的だが、トレンド発生時には不利。

おすすめのバイナリーオプション

「YBINARY(ワイバイナリー)」

今なら、100%ボーナスプレゼントのキャンペーン中!「最大500%ペイアウト」や「30秒取引」など、ハイスペック・バイナリーオプションならYBINARYで決まり!

ワイバイナリー
最低購入金額 2,000円
ペイアウト 最大500%
初回入金額 2万円
取引手数料 無料
タイプ ハイロー、ワンタッチ、境界、30秒、60秒
モバイル対応

YBINARYは、豊富な取引タイプに加え、新取引サービス「マックストレード」の提供も開始!自分でペイアウト額の設定ができ、ペイアウトは業界最大の最高500%!初回入金額と最低購入額が低いので、ビギナーの方もお試し感覚で始められます。出金処理は1営業日と早く、出金手数料は無料なのでコストを抑えたい方にも使いやすい!

無料の口座開設をする

トップページへ